スポンサーリンク

 

松山市のシンボル松山城、県庁の裏側の勝山の上に立っています。

かなり遠くからでも松山城は見えますね。観光で松山来たなら、夜のライトアップされた松山城は必見です。

DSC03511

 

いつも、ここまで登ったら満足して帰ってます。

天守閣まで登ったことのない地元民って、意外と多いかもしれませんね。
 
DSC03711

 

松山城天守観覧券510円を払って天守閣へ

松山市在住の65歳以上は無料だそうです、地元の若者もちょっとは優遇してもらいたいなぁ

DSC03570

 

重厚な門構え

DSC03578

 

重要文化財の三ノ門、あっちもこっちも重文だらけです。

DSC03583

 

松山城の特徴でもある連立式天守群、まさに砦。

天守の周りをぐるぐる回させられます。

DSC03592

 

天守の入り口

DSC03598

 

場内に入る前にスリッパに履き替えます。

DSC03599

 

急な傾斜の階段、現存天守はどこも傾斜がきついですね。

現存天守にバリアフリーなんてありません。

DSC03600

 

順路にそって進みます。

DSC03601

 

松山城ゆかりの加藤嘉明の展示物。

DSC03604

 

戦国時代~江戸時代の貴重な遺産が残ってます。

DSC03606

 

昔の松山城付近の地図

DSC03607

 

刀の重さ体験コーナー

DSC03618

 

刀剣の展示、かなり大きな槍もおいてあります。

DSC03619

 

刀身は鈍い銀色・・・惚れ惚れするような形状です。

DSC03620

 

参勤交代の時に使われたつづら

DSC03624

一番大きなオブジェ

何に使うかはよく分かりませんでした。

DSC03633

 

ちょんまげや鎧を身に付けるコーナー、意外と展示物が多くて飽きません。

DSC03640

 

展望台手前、大天守

松山城の紹介をしていますが、かなり古い時代に作られたPVでした。

DSC03642

 

現存天守にしか出せない味わいのある床、城内は暗く陰影が凄い。

大阪城などの再建したお城にはこの重苦しさは作れない

DSC03646

展望台は風が気持ちいい空間でした。

DSC03698

 

石手川方向のパノラマ写真(クリックで拡大)


DSC03691awa

 

反対側の三津方向のパノラマ写真(クリックで拡大)

DSC03661

 

かなり遠くまで見れますね。松山ってコンパクトにまとまった街だと再認識できました。

DSC03672w a

 

入場料で510円しましたが払う価値あり。たまには自分の街を高いところから眺めるのもいいもんですね。

あらためて見ると、松山市って建築物の高さ制限のためか圧迫感がない街です。

 


スポンサーリンク