スポンサーリンク

 

Amazonが新しく提供した有料サービスの「Kindle Unlimited」、雑誌や漫画や小説が読み放題です。

12万冊が対象となってますが、まぁ予想通り最新刊はなし・漫画は古い本が多め・無料は1~3巻辺りのお試し的な感じの本が多いなど、ちょっと不満な点がありましたが・・・これ凄い時間潰せます。とりあえず1か月の無料お試しを利用してみましたが・・・めちゃくちゃ本があってびっくり。来月もAmazonにお金払って継続利用します。

 

6a9ad602f6b9d9f4a0f07f42f36d4299

 

Dマガジンに比べると、雑誌の種類はちょっと少ないかな?と感じましたが、本屋で立ち読みしているPenとかBeginがあったので、これだけで月額980円の元がとれそうです。

とりあえず5時間ほど気になったタイトルを読んでいきましたが・・・本当に無料でいいの?と心配になるくらい一杯本が読めました。読んでも読んでも読み放題だから次々本を取り換え放題。ジャンルも文学やらノンフィクションやらコミックやら実用書など偏りなくそろえていますね。ちょっと18禁ものが多そうな辺りがAmazonの戦略の高さがが見えますね。

 

 

8d4d10e635d4b765624b191ec1f687bf

 

ランキングで高評価の作品とか眺めているだけで・・・どんどん、読みたい本が積んでいきます。選べる本は10冊までしかストックできず、10冊以上を選ぶとどれか他のものを削除しないといけない仕様でちょっと面倒です。オフラインでも使用できるみたいなので、ipadであらかじめダウンロードして出先で読書なんて使い方もできますね。

 

ぼくは毎月の書籍代が1万円くらい使っているんですが、このサービス使えばかなりお金を浮かせることが出来ますね。

いままで図書館で本を借りたり、koboとブックウォーカーのセール中に電子書籍を買ってましたが、普通に本を買うのがバカらしくなるサービスです。消費者からすると嬉しいサービスなんですが出版業界がどうなるか・・・角川とかの大手が参入したら、ますます読みたくなる本が増えるけどちょっと心配です。音楽業界みたいに新人が育たない環境になって、昔名前が売れた人だらけのヒットチャートなんてワクワクしませんからね。

とりあえず、今月は家から出ずに 冷房の効いた部屋でKindle Unlimitedで本を読みます。一杯読みたい本があるので時間がいくらあっても足りません。

 


スポンサーリンク